募集要項

自分の能力を世界で生かせる会社。それがオプテックス工業。

モノづくりのためのモノづくり

私たちは、工業製品の生産に欠かせない製造設備・機器を作っています。「モノづくりのためのモノづくり」をしている会社です。


 


自動車やOA機器、デジタル家電など、私たちが関わる分野は多岐に渡ります。分野によって、必要な機器や機能、生産体制・人員などは様々です。その多様なニーズに応え、クライアントの製品をより高品質に、より短時間で、より効率的に、より省力化しながら生産するための基盤をつくるのが、私たちの仕事なのです。


 


まさに「モノづくりのためのモノづくり」。
クライアントのニーズを解決する力、アイデアを必ず形にする卓越した技術を武器に、私たちは、日本はもちろん、世界のモノづくりを支えています。


 


オプテックス工業での仕事には、様々な能力が求められます。しかし一番大切なのは、高い志、強い意思、熱い情熱です。
皆さんの素晴らしい能力を活かして、世界を舞台に活躍してみませんか?

先輩社員に聞いちゃいました。本音トーク!

入社前と入社後のギャップや仕事観、キャリアアップなどなど、若手から役職社員まで本音を聞いてみました。

五十嵐 裕也(製造本部・製造部・電機課)

私は、2014年4月に入社した1年目の新人です。 入社してから半年間は自動化設備機器の組立や配管といった組付と呼ばれる仕事をしていました。 自分の手がけたものが形となり実際動くの見たときは大きな感動があります。今は電機制御盤の製作や 配線作業といった電気のハードウェアの仕事をしています。


 わからない事がまだまだたくさんありますが、先輩や上司から優しく指導していただき、早く一人前の技術者 になれるように日々努力しています。そして将来的には機械も電気もできる技術者を目指していきたいと思います。

菅藤 亮(技術本部・第2技術部・第2技術課)

電機設計では、FA機器向けの電機図面をCADで書いたり、PLCのプログラムを書いたりと、ハードとソフトの両方を設計しております。


私自身半人前で分からない事だらけですが、気さくに話せる先輩や上司がいて、丁寧に教えて頂きながら日々勉強させて頂いております。

千葉 幸貴(製造本部・製造部・製造課・主任)

この会社に新卒で入社して早いもので16年目になります。現在、製造課の主任をさせていただいています。まず、製造課という部署は、自動化設備機器の組立や配管をする組付と呼ばれる仕事をしています。組付という仕事は、社内である程度、自動化設備機器を組み立てて、試運転等をすませた後、お客様のもとで最後の 設置工事を行い一連の業務が終了します。 このような業務内容なので、社内で組付をしたり、お客様の工場で設置工事をしたり、ときには海外のお客様の工場で設置工事をしたりします。


 しかし、私も入社当時はわからないことばかりでしたが、先輩や上司や仲間のアドバイスにより、少しずつ仕事を覚え、ここまで成長することができました。この会社に入社して、一番よかったことは、1つの目標に向かって仲間と協力しあいながら がんばることの素晴らしさを実感できたことです。私も今は主任という部下を指導する立場になり、部下にも1日も早くこの素晴らしさを実感できるように指導する毎日です。入社を希望するみなさんも、ぜひ一緒にがんばりましょう。